About

JON PYZEL:1968.11.25

1998年パイゼルサーフボード設立以来、ブランド理念の”We Love Surfboards “ のもと、パイゼルサーフボードジャパンは17年間共に歩んできました。

シェーパーのジョン・パイゼルはアメリカメインランドCA/サンタバーバラの出身で幼少から青年期は世界でもトップクォリティーなライトブレイクポイントのリンコンや 周辺のビーチブレイクでトムカレン全盛期時代サーフィンに明け暮れる日々を過ごしました。

1992年に温かく良い波を求めてサーフィンの聖地ハワイ・ノースショアーに拠点を移し1993年にボードグラシングを始めた後1996年から本格的にシェープをスタートし以降、常に革新的なデザインにチャレンジしライダーの意見を最優先に自身もテストを重ねパイゼルのボードビルド理念で最も重要なスピード性、安定性、パフォーマンス性を追求しクォリティーの向上を目指してきました。


来日経験も豊富で日本の力の無いスモールな波に対応し納得できるものをジャパンモデルに加えています。

 

そして何よりPYZELを語る上でメインライダーのジョンジョン・フローレンス抜きでは語れません。ジョンジョンとは彼がサーフィンをスタートした3歳時からサポートし現在に至ります。

 

2011年念願のWTツアーに初参戦し2012年はブラジルリオでツアー初優勝、昨年2014年最終ワールドツアーランクング3位、サーファーポール/人気投票でも1位を受賞しました。

彼の革新的な次世代マニューバーからのフィードバックはボードのクォリティー向上に欠かせない最も大きな要素です。またもう一人の重要なライダーでマークヒリーがいます。彼はコンテストサーフにウエイトを置かずジョ―ズアタックなどのビックウェーブに人生を懸け挑んでいます。パドル、トーインにかかわらず究極のビックウェーブからのフィードバックは色々なシュチエーションの波質、サイズに適す高性能なサーフボード作りには欠かせない重要な要素の一つでもあります。そして国内でもジャパンライダー椎葉順が日本の波質にしっかり適応できるようにロッカーバランスなどを念入りにテストしより信頼度を上げられるようフィードバックしています。

パイゼルサーフボード基本グラッシングについて

ボトムにE-クロス1層、デッキにS/Eハイブリッドクロス(4×4)1層を使用したS/Eハイブリッドクロスを使用。これはスタンダードなEクロスより強く、またプロ用のボードでよく言われているSクロスの硬さを軽減しています。またフォームに関しても非常に軽量でありながら昨今のサーフィンに見られるハードさに耐えることが出来るパイゼル専用フォームを全ボードに使用しています。私たちは本当に良いボードを作るためにはビルディングの過程で一般的に軽視されがちですが使用するフォームがとても重要な要素だと考えています。

 

そしてカスタムオーダーボードは通常JG/ジャパングラッシング対応。

ジャパングラッシングの特性として第一により軽量化が可能で、PYZEL専用ファクトリー専属の熟練職人が特殊エアーブラシや詳細な色の違いなどに細かく対応し、グラッシングの仕上がりも高級感有る素晴らしい高品質の仕上りを約束します。

JG/ジャパングラッシング

JG/ジャパングラッシング(日本巻)の特性として第一に軽量化が可能です。熟練の職人がエアーブラシデザインや詳細な色の違いなどに細かく対応し仕上がりも高級感有る素晴らしい品質を約束します。来日シェープ時に関してはPYZEL JAPAN専用国産PUフォーム(JPblanks)を使用し、最軽量化と高強度そして最適なフレックスからの高反発性を考慮したジャパンシェープ仕様で対応いたします。

 

※通常オーダーはARCTIC FOAMのPYZEL SURFBOARDS専用フォームを使用。